包茎手術の費用相場を知りたい!安い治療の特徴も併せて紹介!

安い包茎手術は保険適用となります

包茎手術を受けたいけれども、できるだけ費用を抑えたいという人も多いことでしょう。
もしも包茎の状態が真性包茎やカントン包茎などのように、自分で剥くことができない場合には、泌尿器科で相談した場合には、これが健康保険の適用となり安い費用で包茎手術が受けられる可能性も高まります。
しかし保険適用の安い包茎手術の場合には、包茎は治るものの傷が目立つのがひとつの特徴です。
傷口が陰茎の中央部分に来てツートンカラーになるでしょう。
手術代金に関しては健康保険が適用となり、自己負担額は少なくなりますが、診察料や検査代、麻酔や薬代などは別途料金がかかります。
通院回数も多くなりその都度診察料や処置代、薬代などの料金が発生することになります。
そのようなことから、必ずしも安い費用に抑えられるわけではないということを覚えておきましょう。
綺麗な仕上がりを希望するのであれば、保険の適用とはならず、それなりの費用がかかることになります。

キャンペーンを利用するのも一つの手段です

包茎手術はクリニックにより費用相場のばらつきが多いのが特徴です。
また包茎の症状によっても、費用は大きく異なるでしょう。
自分で剥くことができる仮性包茎手術の場合には、その平均費用相場は9.8万円ほどとなっています。
カントン包茎の場合には費用相場の平均は14.4万円、そして真性包茎の場合には、費用相場の平均が18.2万円です。
健康保険が適用されず自由診療であることから、それなりにまとまった費用がかかることが分かります。
包茎手術単体のキャンペーンや割引などを行っているクリニックはそれほどありませんが、中には学割を取り扱っているクリニックは見られます。
もしも学生なのであれば、学割がきくかどうかを確認し、学割のきくクリニックを選ぶことにより、安い費用で手術を受けられる可能性が高まります。
いくつかの例を挙げてみると、包茎手術3割引、学割やシルバー割が10%オフなどのようなところもあります。

まとめ

安い費用で抑えられる包茎手術の特徴は、健康保険が適用となるものです。
とはいえ仮性包茎では健康保険の適用とはならず、自分で剥くことができないカントン包茎や真性包茎のみが対象です。
しかしこれらの場合にはツートンカラーになってしまうなどの様々な問題も出てくるでしょう。
もしも学生であれば、学割がきくクリニックもあるので、このようなところを利用することにより、安い費用で手術が受けられることにもつながります。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です